パスワード制の育児ブログサービス「ころぐ」をリリースしました。

ずっと開発を続けてきたサービスをやっとこさリリースすることができました。

http://colog.jp

名前は、「ころぐ」。
ひとことで言うと、パスワード制の育児ブログが、会員登録するだけで作れるよ!というものです。

開発しようと思った動機や、どんなことが実現できるといいなと思っているかについては、「ころぐを作った理由」というころぐサイト内のブログ記事に書きました。合わせて是非読んでみてください。

開発では、いろいろな方々にお世話になりました。

プログラムについて

WordPressな人たちでは、@jim0912さん、@wokamotoさん、@miya0001さん、@kzxtremeさん、@lilyfanjpさんにコードを見てもらったり、ブログに書かれた記事からコードを頂いたり、セキュリティについてチェックをしてもらったり、ありがとうございました。

また、色々なブログ記事やWordPressのForumに蓄積されたTips、様々なプラグインにも助けられました。

そもそもWordPressをベースに作られ、プラグインを追加し、ネット上の情報を集めてきて出来上がったころぐには、僕がオリジナルで書いたコードは、全体の1%も無いのです。

また、サーバについては@wokamotoさんのdogmap.jpWordPants内の記事を参考にして、nginxのインストールなどをしました。

そもそもVPSサーバの設定の方法については、@hika69さんに家まで来てもらって教えてもらいましたし、@ryuuji_yさんや@ikkoさんにもSkypeなどで色んな質問に答えて頂きました。

デザインについて

ロゴのデザインは、古賀匠磨くんという数年来の友人にお願いしました。
文字を組んでもらう、色をいくつか使ってもらう、親しみやすさはnanapiみたいな感じ、とお願いしました。

キャラクター(「ころちゃん」という名前です)を使った案がいくつかあり、「キャラクターって、強いからあるととってもいいよ」と言ってくれて、それから何回かの打ち合わせを経て、現在の案に決まりました。

ころちゃん、いろんな表情があります。

登録すると使えるようになるブログのデザインは、@koheipeaceさんにお願いしました。
こんな感じで、と設計図をお送りして、1カラムのものと2カラムのものを作って頂きました。シンプルなのと手紙調のかわいいものになりました。

htmlコーディングは@pntswrksさんにお願いして、それをWPのテーマに変換しました。

今後、テーマをどんどん増やしていかなければなのですが、これは公式ディレクトリに上がっているものなどを、ころぐ仕様にカスタムしていこうと思っています。その場合、フッターのリンクなどを残さないとなと思ってますが、ちょっと悩み中です。

また、リンクやクレジット付きならデザインしてもいいよ!という優しいデザイナー様も募集中です。

その他にも、多くの方に色んな相談をして、ブラッシュアップされたり、色々手戻りしたりしながら、ちょっとずつ良くすることができました。

現在の状況

リリースをして、3日目に入りますが、以下のような状況です。

ユーザの数
75
設置されたブログの数
59
Facebookのいいね!の数
140

検索は、SEOについてほとんど検討しないままリリースしてしまい、これからがんばらないとです。

また、ユーザやブログの数の中には、本当に子育てをしている人があまりいないように思ってます(しっかり使い始めると、一つのブログに対して数名の読者ユーザが付くはずなので)。

お試しで中を見てみようとしてくれた方々が、たくさんいるということだと思います。

なので、課題としては、検索で上位をとったり、ソーシャルメディアで取り上げてもらうことで、ターゲットユーザにアクセスすること、それから使い始めてくれた人が、ちゃんと続けてくれるような使い勝手やコンセプトの具現化、(シンプルさを保った)(デザインテンプレートの追加や)機能の充実などがあります。

こういう改善などは、FacebookのページやTwitterなどでユーザと色々話をしながらやっていきたいと思ってるんですが、まだまだ研究が必要そうです。

ころぐのTwitterアカウントです→ @colog_jp

ありがとうございました!

RTしてくれたり、いいね!やシェアをしてくださった皆さま、これまで応援してくださった方々、どうもありがとうございました。リリースしてからが本番ですが、まずはお礼をさせてください!とても嬉しかったです。

小さな子どもがいるご家庭やもうすぐ生まれそうなお家を知っている方は、ぜひオススメしてあげてください。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓