CakePHP2.0をMac/MAMPにインストールする手順

ダウンロード

http://cakephp.org/からダウンロードしてくる。

MAMPのhtdocs内に置く。何かフォルダ作ると良い(ここでは、cakephp/)。

設定ファイルを2ついじる

app/Config/core.php

最初に、

Use it to configure core behavior of Cake.

とあるので、Cakeのコアな振る舞いを設定するファイルのようです。
ざっと見ると、デバッグレベル、エラーハンドラ、ログなどが設定できるようです。

その中で、

Configure::write('Security.salt', 'DYhG93b0qyJfIxfs2guVoasdfoahsaUubWwvniR2G0FgaC9mi');
Configure::write('Security.cipherSeed', '768593096576788763453542496749683645');

のような2行を検索で探して、二個目の引数をちょこっと変えます。何文字か削ったり足したりします。

app/Config/database.php

最初に、

In this file you set up your database connection details.

とあるので、データベースの接続の詳細を設定できるようです。

DATABASE_CONFIGというファイルの中の、値を変えることで、DBへの接続情報を渡します。

class DATABASE_CONFIG {

	public $default = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'root',
		'password' => 'root',
		'database' => 'cake20',
		'prefix' => '',
		//'encoding' => 'utf8',
	);

	public $test = array(
		'datasource' => 'Database/Mysql',
		'persistent' => false,
		'host' => 'localhost',
		'login' => 'root',
		'password' => 'root',
		'database' => 'cake20',
		'prefix' => 'test_',
		//'encoding' => 'utf8',
	);
}

MAMPの場合、上記のようにlogin/passwordrootに、databaseは専用に作ったDB名を入れます。

$default$testがありますが、$testの方はユニットテストのために使うものらしいです。テスト時には、テーブルを作って消すという作業が発生するらしいので、prefixを付けておくことで、本番テーブルが消えてしまう失敗を防ぐことができるそうです。

色々エラーが出るかもですが、localhost/cakephp/にアクセスしたときに以下のように全てがグリーンになるようにします。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です