ferretのSEOスカウター、ころぐの結果はまあまあだったけど、課題も見つかったよ。

プロ並みのSEO内部対策が無料で出来る!「SEOスカウター」登場という記事を見て、ホイホイ会員登録いたしましたです。

さっそく、ころぐの診断をしてみました。

まずは、トータル。

総合評価Aを頂きました。

お次は、URLの構造について。

URLの正規化(index.html有り無し)が×になっていますね。

http://colog.jp/index.html にアクセスすると404になってしまいます。あとで直しておかなくっちゃ。

次はhtml構造対策。

外部CSS/JSの利用というところ。外部ファイル化しなさい、ということですね。

次はコンテンツについて。

あんまり良くないですね。

ページのテキスト量は多すぎるそうです。canonicalの設定をすればOKとのこと。

モバイルリンクディスカバリーは知りませんでした。<link rel=”alternate” media=”handheld” href=”携帯サイトのURL” />と書くとよいそうです。モバイル用に出し分けてないので要らないです。

被リンク数は悲しいですが、頑張らないといけませんね。(この記事読んでくれている方、リンクくれてもよいのでs(略

次は、キーワードについて。「子育て」で診断してもらいました。

対策キーワードの記述位置は、テキストが始まってから100文字目までに書くといいとのこと。「パスワード」とかで診断すれば○になるかな。

titleタグに入ってない。「育児」になってるから、「子育て・育児」みたいにすればよいのかもですが、どうなんでしょう。

titleタグの対策キーワードの記述位置というのはtitleタグの中で10文字目以内に対象キーワードがあるとよいとのことですが、本当ですか?

strongタグでくくってないですやります。

alt要素、meta descriptsionにも入ってないです入れます。h1タグはどうしようかな。入れようかな。

URLに日本語は入れれない。トップだし。

発リンクのアンカーテキストに、「子育て」って入れると良いとのアドバイスなるほどー。

診断してもらうキーワードの選定、そもそものキーワードの選定の両方に問題ありでした。

次はAnalyticsを入れてるかどうか。入れてます。

次はドメインについて。colog.jpは実は以前別のサービスのドメインだったので年齢がある。

無料でここまでやってくれると嬉しいですね。

クライアントさんにお伝えすると、お仕事増えるかもしれませんが、よいことだと思います。無料だしUIも分かりやすくて、非常にオススメです。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です