WordPressで開発環境がない時に、本番環境でちょっとした修正をする際の小技2つ

お仕事で、開発環境がないのだけど修正の作業が必要な時に、ちょこっと便利な方法を2つ。

1つ目は、htmlやテンプレート側での工夫。
2つ目は、CSSです。

1,ログインユーザのみにhtmlを出力する

<?php if ( is_user_logged_in() ) { ?>
	ここに修正事項を書く。
<?php } ?>

以上のようにすると、ログインユーザのみに「ここに修正事項を書く」というのが表示されます。

これはもともと、is_user_logged_in()という閲覧者がWordPressにログインしているかどうかを判別するための条件分岐タグを利用しています。

ですので、本来は、

<?php if ( is_user_logged_in() ) { ?>
	ユーザさん、こんにちは!
<?php } else {
	<a>ログイン</a>・<a>会員登録</a>はこちら。
} ?>

のように、ログインユーザには挨拶して、非ログイン者にはログインと会員登録のリンクを表示する、といった用途に使います。

ころぐでも、トップページでログイン者と非ログイン者には違う内容が表示されるようになっていますが、これを使っています。

2,ログインユーザのみに適用するcssを作る

2つ目は、ログインユーザには表示されるhtmlソースのbodyタグにlogged-inというクラスが追加されることを利用する方法です。

これを使うためには、bodyタグに

<body <?php body_class() ?>

のようにbody_classが追加されていることが必要です。

追加されていることを確認した上で、cssを変更したい箇所では下記のようにします。

.logged-in #id .class {
	color: gold;
}

実際に反映させるためには、.logged-inを一括置換で取り除く必要があります。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です