パンくずの作成時間を百分の一にするWPプラグイン「Prime Strategy Bread Crumb」

WordPressでのパンくずリストの作成時間が1/100になるプラグイン、Prime Strategy Bread Crumbをご紹介。


凄いところ

とにかく、全自動

投稿ページ、固定ページ、カスタム投稿タイプ、アーカイブページ、、、とにかくどんなページでもよしなにパンくずリストを作ってくれます。

投稿ページの場合、
トップページ > 親カテゴリ > 子カテゴリ > 孫カテゴリ > 表示中の投稿名
となりますし、カテゴリページの場合、
トップページ > 親カテゴリ > 子カテゴリ > 表示中の孫カテゴリ
となります。

階層を持つ固定ページの場合でも、
トップページ > 親固定ページ > 表示中の子固定ページ
となります。

そして、カスタム分類が紐づいたカスタム投稿タイプの場合には、
トップページ > 親タクソノミ > 子タクソノミ > 表示中のカスタム投稿名
となってくれます。

上記の4つだけでも自分で、サイトの構造からパンくずの途中の名前とリンクを取得するように書いてたら大変ですよね。

カスタマイズが簡単過ぎる!

用意されたパラメータを渡すだけで、表示の方法を変更することができます。

デフォルトだとul>liで表示されるところを>つなぎのaタグだけにしたいとか、「トップページ」の表記をHOMEにしたいとか、ulやliに対して特定のクラス名を与えたいとか、だいたい考えうる限りのカスタマイズがパラメータで、解決できます。

トップページ表記をHOMEに変更してaタグつなぎにするためには、下記のコードになります。他のオプションについては、作者の@jim0912さんのパラメータでカスタマイズしやすいパンくずナビをプラグインにしてみたの記事にあります。

あと感動したのが、よく会社サイトとかで、about/ページは無いけどabout/mapとかabout/membersはある、みたいなときに、aboutページは作っておいて下書きにしておくと、パンくずでaboutが飛ばして非表示にしてくれました。

ありがとうございます!

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

“パンくずの作成時間を百分の一にするWPプラグイン「Prime Strategy Bread Crumb」” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です