電子書籍は人の意識と社会を変える。音読から黙読への変化と同じくらい。

僕が電子書籍について考えていることを書きました。

今回は、先日のDTP Booster014レポートの続きでもあります。この時のレポートで書きそびれていた項目は、

  • ビジネスモデルは?
  • 電子書籍はWEB化するのか。そもそもインターネットとはなんなのか。
  • テキストとは何か
  • ユーザはどのようなものを受容し、5年後に一般に普及しているものはなんなのか。そもそもコンテンツとは何か。
    →エクスペリエンスとコンテンツ受容の違いを抑えて考える

といったことでした。ビジネスモデルについては、後日。今回は下の3つについてです。

論旨
電子書籍が普及することによって、人間の意識はどう変わって、社会はどう変わるんだろうというこれからの世界を考えています。では、過去、本やテキストは人間の意識や社会をどう変えたのだろう。さかのぼれば、文字の誕生(声しかなかった→文字ができた!)というところが最初のポイントだと思いますが、今回は印刷の技術が出てきて安価な本が大量に出てきた頃(15世紀から、200~300年スパン)のことを考えました。
安価な本が出たことによって人の意識も社会もものすごく変わりました。今から5年、10年の間にそれと同じようなインパクトを持つ変化が起こるような気がしています。
(後日、そういう認識に基づいて電子書籍の販促やコミュニティ作り、プロデュースはどんなものになるのかを書きたいと思います)

写本
中世ヨーロッパの写本

黙読という技術

昔の人々は、黙読をせず音読をするのが普通でした。
続きを読む 電子書籍は人の意識と社会を変える。音読から黙読への変化と同じくらい。