MAMP+SugarSyncでローカルWordPress同期

WordPressをローカルで構築する際、複数のMac/PCで同時に進めたり、複数の人が関わって作るための方法です。

最初の頃は画像をアップロードしたり、なんどもcss書き換え→ブラウザ再読み込みという作業なので、いちいちネット側でやると時間がかかってしまいます。

MAMPとSugarSyncを利用して、自宅と外で使う二台のMacで同期をとりながらローカルでワードプレス作業をしています。

MAMPのインストール

MAMP:http://www.mamp.info/en/index.html
MacでApache、MySQL、PHPの環境を整えるためのソフトです。
構成は、以下の写真のようになっています。

主に、

  • MAMPのアプリケーション本体のアイコン
  • ApacheやMySQLなど活躍するファイル類
  • dbフォルダ、htdocsフォルダ

などですが、動機が必要なのは、3番目のdbフォルダとhtdocsフォルダです。

なので、

  • 1台目のMac:MAMPをインストール
  • 2台目のMac:MAMPをインストール
  • 1台目と2台目のMac:dbフォルダとhtdocsフォルダを同期させる

をやればいいです。

ステップ1:2台のMacにMAMPをインストールする

SugarSyncのインストール

SugarSync:http://www.sugarsync.com/locale/jp/
複数のMac/PC間でフォルダ単位の同期ができるサービスです。

ドロップボックスとの違いは、ドロップボックスは特定のひとつのフォルダしか同期されないのに対して、SugarSyncはHD内の任意のフォルダを好きに選んで複数Mac/PC間で同期することができることです。

今回、dbフォルダとhtdocsフォルダの二つの、しかもMAMPの中にあるフォルダを、同期する必要があったため、DropBoxは不採用です。

  • ドロップボックスも、任意のフォルダ共有の仕組みを整えつつあるらしいです。
  • MAMPをドロップボックスの下に置いて起動することができませんでした。アプリケーションフォルダに置かないとだめです。
  • 2GBまで無料です。

ステップ2:2台のMacにSugarSyncをインストールする

同期させる

使い方は、やってみれば分かると思います。下の画面のようなところが出てくるので、お互いのMacから同期します。

その他

  • 両方のMacから同時にMAMPを起動できませんでした。dbフォルダにib_logfileが生成されたりしてるのと、DBの内部ファイルが書き換わるのを同時にできないのだと思います。同期のスピードが遅すぎるからなのかも
  • 単にPHPファイルをいじるだけで、DBを同期させないのであれば同時編集できます。
  • 同期には少し時間がかかるので、片方での作業が終わってから全てのファイルが同期されるまで少し待たないと変なことになりそう。。
  • SugarSyncの方には、「分かりやすい使い方」ページを作ってもらいたいと思いました。

以上です。

元楽天にいたECのコンサルタントの本がすごくいい

これまでにECサイト作りのための本をたくさん読んで、一番いいのがこれでした。
これなら売れそうです。

品薄→定価より高くなってる

アマゾンでは、品切れになってマーケットプレイスでは定価よりも高い金額で売られてます。
普通に買うと2~4週間届きません。

売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。 売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:2640円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

楽天で買えます。↓

売れるネットショップ開業・運営

売れるネットショップ開業・運営

価格:2,520円(税込、送料別)

著者

コマースデザインというネットショップ支援の会社の社長、坂本悟史さん。楽天ECコンサルタント出身で、元トップアフィリエイターだそうです。ツイッターID:@commercedesign

よいところ

網羅されている

商品を選んで、ページを作り、集客して、メルマガ書いて、セールやって広告出して、楽天とヤフーと自社サイトをバラバラに運営して、サイトの最適化も絶えず忘れず・・・
みたいな感じで頭の中がごちゃごちゃになっていくわけですが、ECで考えるべきことはひととおり全部書いてある。

店/商材による分類

ラーメンECの成功談を剣道の防具屋が参考にしてもずれてしまうわけで、この本では4つのタイプに分類している。
そのため、100ある施策に優先順位が付きやすく、自社のサイトが今やるべきことが見つかりやすい。

要は3つのことしかやってないのがいい

すべての施策を、

1:集客、2:接客(サイト内)、3:追客(リピート施策)

に分けている。

頭が整理される。
まずは、受け皿としてのサイトの作り込み(2の接客)→様子見(最適化)→コストをかけて集客みたいな段階を追う感じも分かりやすい。

読みながら考える本になっている

100の法則があるのだが、関連ページが記されていて、あっちにいったりこっちにいったりする。

そうするとノートをとらないといけないが、そうしている間に自分のサイト作りが進んでる。

事例が豊富

実際のサイトが見れるのはいい。
担当しているところもあるらしい。

店舗のためになる

セールや赤字覚悟のメルアド集め施策のやりすぎや大手モールへの出店の良し悪しについてや、SEO業者の選び方にもきちんと触れていて、クライアント思いだと感じさせる。

目次の様子

目次もすごく整理されていて、目次の見開き4ページを見るだけで頭が整理されます。実際の文言とは少し違いますが、ざっと以下のような感じになっています。

  1. 基本法則
    • 全体像
    • 商品に合わせた戦略
  2. 商品タイプ別の集客法則
    • 集客の考え方
    • SEO
    • リスティング
    • 純広告
    • 懸賞
    • マスコミ・クチコミ
  3. 店舗コンセプト/接客
    • 接客の考え方
    • コンセプト
    • 店構え(構造からデザイン、写真、導線などここ重要)
    • 品揃え
    • 看板商品(縦長商品ページの話他)
  4. リピーター施策で長く売る
    • 考え方
    • メルマガ
    • コンテンツいろいろ
    • リピートを売上につなげる
  5. 成長段階に合わせて店を経営する

みたいな感じです。

売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。 売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:2640円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp