WordCampTokyo2012 の実行委員長よりご挨拶&お誘い申し上げます。

599514_397074700354449_691946374_n

こんにちわぷー!

今度の9月15日、大田区産業プラザPiOの大展示ホールで行われる、WordCamp Tokyo 2012の実行委員長を勤めます、西川伸一と申します。

WordCampは、世界中で開かれているWordPressユーザーのミートアップ。日本では10回目の開催です。

僕自身は、2010年のWordCamp横浜が初参加、昨年のWordCamp東京2011ではスタッフとして参加しました(参考:WordCampTokyoの運営もオープンソースにするという昨年書いた記事です。長いよ。)。

その前後から、WordPressとWordPressのコミュニティにはとてもお世話になってきました。

先日WordPressのエバンジェリスト、我らがマクラケン直子さんにお声がけいただきまして、さらにWordPressが盛り上がるといいなと、昨年に引き続き、がんばって見ることにしました。

コンセプト

今年のテーマはずばり「文化祭」です。
学生時代、学習の成果を展示したり、お化け屋敷をやったりしたあの文化祭をWordPressコミュニティでやりたいです。

狙いは、素晴らしいと言われているWordPressのコミュニティが一堂に会するところをみんなで体験してみよう、というところです。

オンライン/オフラインのコミュニティ

オンラインではフォーラムがあり、リアルでは日本各地でWordBenchなどの勉強会が開かれていて、誰でもすぐに参加することができます。

コミュニティを盛り上げている個人や会社

また、WordPressによるサイト構築を専門にしている会社、レンタルサーバなどのWordPressには欠かせないサービスを提供している会社、関連書籍を刊行している出版社、WordPressを利用したメディアやサービスなど、多くの企業もそのコミュニティに含まれます。

個人ではデザイナー、コーダー、プログラマ、インフラエンジニア、ブロガーなどいろいろな能力を持った人たちがいます。

そのそれぞれが、サービスやメディア自体、ブログなどでのノウハウ紹介やプラグインの配布、勉強会の開催などによって、様々にコミュニティを盛り上げています。

今回は、そうした人たちがお互いにお互いをプレゼンテーションして、交流して、次につながる会ができればいいなと思っています。

いつもの開催モデル
今回の開催モデル

今回のWordCampの特長

そういうコンセプトを受けて今回は、恒例のセッションに加えて、

を行うことにしました。

Coworking Conference Tokyo 2012
Coworking Conference Tokyo 2012 でのブースの様子 / naokomc
アンカンファレンス模様
WordCamp神戸でのアンカンファレンスの様子 / odysseygate

その他にも、求人求職ができる「ジョブボード」や、ランチや飲み会のメンバーを集めるための「飯ボード・呑みボード」などの企画も進行中です。

more jobs board at OCU2008
ジョブボードイメージ。 more jobs board at OCU2008 / thomas pix

ワイワイ・ガヤガヤと賑やかな中で、いろいろなところを見て回って、次にやりたいことを見つけたり、今の課題の解決に動き出せたりするような場所になればと思います。

この特徴をひと目で確かめられる充実のタイムテーブルもチェックして下さい。

会場での準備風景 © shokun

リレーブログ!!

このポストは、50名以上のボランティアスタッフによるリレーブログの第一回です。(開催まであと1カ月ないけど、大丈夫かなw)

明日から、会場レイアウト係、ブース係、デザインチーム、サイト更新チーム、アンカンファレンスチーム、ハンズオン企画者、セッション担当者、来場者おもてなしチーム、広報チームなど色々な方々から、今回のWordCampの自慢や苦労話が読めることと思います。

公式サイトでも、色々な情報を発信していますので、楽しみにしていて下さい。

それではみなさん、9月15日、PiOでお会いしましょう!

(おまけ)スタッフ募集していた時のコンセプトスライド

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

“WordCampTokyo2012 の実行委員長よりご挨拶&お誘い申し上げます。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です