ec2にs3をマウントしてrsyncした時のメモ

EC2 に S3 のバケットをマウントして、rsync でバックアップをとるのを試してみているのでメモ。

ec2 に s3 をマウントする

Amazon S3 編。S3 バケット を マウント する方法 | EC2 S3 マウント ファイルシステム | ナレコムAWSレシピ

と、

Amazon S3編~S3バケットをファイルシステムとしてマウントしてみよう!~ EC2 S3 s3fs マウント | ナレコムAWSレシピ を参考にしました。

少し困ったのは、アクセスキーとシークレットキーのところ、 IAM という認証の仕組みを使う点で、上記のリンクの説明と違っていたことでした。 IAM については、 IAM とは? – AWS Identity and Access Management に説明も動画もありますが、 AWS アカウント内の限られた権限を持つユーザーを作成して、認証を行うことができるようにするためのサービスです。

今回は、 ec2 サーバ内に S3 関連の操作のみができる IAM ユーザーの認証情報を保存しています。

マウント自体は、 s3fs を利用すると簡単でした。上記のリンクにやり方が書いてあります。インストールするバージョンは、 Downloads – s3fs – FUSE-based file system backed by Amazon S3 – Google Project Hosting で最新のバージョンが確認できました。

rsync してみるとすごく遅かった

rsync でバックアップをしてみたところ、とても遅かったです。vi でファイルを作成して書き込み、保存するのにもレスポンスに1秒ずつか、もうちょっと時間がかかる感じでした。

そこで、ssh での接続が切れたり、ログアウトしたりしたあとも処理を続けてくれるように ログアウトした後もプログラムの処理を続ける?(コマンド実行時にnohup) を参考にしました。

nohup rsync -av /var/www/vhosts/i-nskw/ /mnt/s3/backup/ &

最初はファイルが多いのですが、今後は差分だけなので、今後は毎晩、

  1. マウントする
  2. 必要なデータベースのダンプファイルを作成してどこかに保存
  3. 必要なディレクトリのrsync
  4. マウント解除する

というのをやってくれるのを作ろうと思います。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です