DTP Booster 014 参加レポート:1

2010年6月10日に行われたDTP Boosterに参加してきましたのでそのレポートと、今まで僕が電子書籍のことを調べてきて、いろんなトピックについてどのように捉えているのかを書きたいと思います。
DTP Booster

元年?黒船?大集合!

iPadの劇的登場や年内(?またはもうすぐ)リリースと予想されるKindleの日本語化やiBookstore日本語版スタートを受けて、電子書籍元年と言われています。出版社、著者、WEB制作会社、アプリ開発者、広告代理店、フリーランサーが電子出版の動きに注目しています。

iPadの凄さ、音楽がiTunesにやられたことが出版でも起こるぞ的な黒船が来たぞ文脈、Apple/Amazon/Googleの戦争的な様相のなかで、今回のイベントには出版・DTP関係者とネット関係者というある意味両極端な業界の法人・個人が400人以上の大集合をしていました。

イベント風景
[撮影:日高 仁、飯田昌之]

「InDesignをコアとした電子出版に関しての「全部乗せ」的なイベント」と銘打たれているだけあって、登壇者には、

  • いち早くiPadアプリや電子書籍を投入している出版社による事例のお披露目
  • DTP業界向けのAdobeを含むソリューション提供企業の営業
  • DTP/WEBの制作者による電子書籍発行に関わる技術的な試行錯誤のレポートとレクチャー
  • 出版社社員による業界分析、現役編集者による「印税70%だから新規ビジネスイケるぞ」的な数字へのかなり厳しい視点開示

など全部乗せな人々/トピックが出揃っていました。

また、イベント後の懇親会にも参加しました。

そこでは、イベント主催者の鷹野さんやDTP関連の企業の方、出版社の方、印刷会社の方と話をする機会を得ることができ、そこでも色々と示唆に富んだ話を伺うことができたので、そのこともレポートしたいと思います。

僕はここ何ヶ月か、電子書籍についてウェブや書籍をたくさん読んできており、いろいろ考えて、妄想してきました。それをもとにして、このイベントに参加してどう感じたかという視点なので、客観性としてはきちんとしてないところもあると思います。

まだまだ始まったばかりの分野でいろんな情報がバラバラに出てきていますし、難しいですよね。楽しいと思います。

この記事で書いたこと

  • 登壇者の講演内容の3行(3文)まとめ
  • プラットフォーム/端末/フォーマットはどうなるのか。
  • それぞれのフォーマットの役割
  • WEBの側から見た電子書籍/出版界からみた電子書籍
  • 各種端末やフォーマットに対応する技術とワークフロー(*後で詳述)はどうなるのか
  • ビジネスモデルは?
  • 電子書籍はWEB化するのか。そもそもインターネットとはなんなのか。
  • テキストとは何か
  • ユーザはどのようなものを受容し、5年後に一般に普及しているものはなんなのか。そもそもコンテンツとは何か。
    →エクスペリエンスとコンテンツ受容の違いを抑えて考える

続きを読む DTP Booster 014 参加レポート:1

ePublishing port 第一回に行ってきた

ePublishing port 第一回に行ってきましたので、簡単にレポートです。

講師は境祐司さん
前半はDTP Boosterと同様でした。

前半のお話

つまり、
電子書籍を理解するための5つのポイントとは、

  1. フォーマット
  2. リーダー
  3. プラットフォーム
  4. ワークフロー
  5. プロデュース

である。
今日は1のフォーマットのお話がメインでした。

フォーマットには、

  1. リフロー系の.epub、.book、azw他
  2. 画像系のPDF他
  3. プログラマブルなアプリ系

があり、コンテンツの特性によって使い分けることが大事。

一方、ひとつのコンテンツを複数のフォーマットで供給する(=ワンコンテンツマルチフォーマット)も大事で、そうなってくると、コンテンツを効率的に各種フォーマットに落とし込んでいくためのワークフローが重要にる。

つまり、素材(抽象的なコンテンツそのもの=文章とか写真とか)とフォーマタイズされた最後のアウトプットの中間にくる中間フォーマット・汎用フォーマットという発想が必要で、そこの部分だけは業界標準を作ることが本来必要である。

中間フォーマットについて詳しく見ると、電子書籍というのは、はじめは文章そのものや写真などの素材であり、最後はPDF,Mobi/AZW、EPUC、.book、XMDFという多様なものがある。その中間に特定のフォーマットを作っておくことで、それをベースにして各種フォーマットに出力し、全体のワークフローを効率化することで利益につなげることができるだろう、それが中間フォーマットの意義である、ということ。

現在出てきている色々なソリューション(各種フォーマットへの出力を含んだ一括出版代行サービスやInDesignのプラグインのようなもの)はみんなこの中間フォーマットという視点で見て行けば分かりやすい、と。

ただ、そこの部分がまさに各企業のビジネスの肝になっており、企業秘密になっている。本当は、そこを業界で標準化した方が、業界全体が効率化されるので、そういったことの議論も現在進行中ではある。

後半では、以下のようなお話を聞くことができました。
続きを読む ePublishing port 第一回に行ってきた