MAMP+SugarSyncでローカルWordPress同期

WordPressをローカルで構築する際、複数のMac/PCで同時に進めたり、複数の人が関わって作るための方法です。

最初の頃は画像をアップロードしたり、なんどもcss書き換え→ブラウザ再読み込みという作業なので、いちいちネット側でやると時間がかかってしまいます。

MAMPとSugarSyncを利用して、自宅と外で使う二台のMacで同期をとりながらローカルでワードプレス作業をしています。

MAMPのインストール

MAMP:http://www.mamp.info/en/index.html
MacでApache、MySQL、PHPの環境を整えるためのソフトです。
構成は、以下の写真のようになっています。

主に、

  • MAMPのアプリケーション本体のアイコン
  • ApacheやMySQLなど活躍するファイル類
  • dbフォルダ、htdocsフォルダ

などですが、動機が必要なのは、3番目のdbフォルダとhtdocsフォルダです。

なので、

  • 1台目のMac:MAMPをインストール
  • 2台目のMac:MAMPをインストール
  • 1台目と2台目のMac:dbフォルダとhtdocsフォルダを同期させる

をやればいいです。

ステップ1:2台のMacにMAMPをインストールする

SugarSyncのインストール

SugarSync:http://www.sugarsync.com/locale/jp/
複数のMac/PC間でフォルダ単位の同期ができるサービスです。

ドロップボックスとの違いは、ドロップボックスは特定のひとつのフォルダしか同期されないのに対して、SugarSyncはHD内の任意のフォルダを好きに選んで複数Mac/PC間で同期することができることです。

今回、dbフォルダとhtdocsフォルダの二つの、しかもMAMPの中にあるフォルダを、同期する必要があったため、DropBoxは不採用です。

  • ドロップボックスも、任意のフォルダ共有の仕組みを整えつつあるらしいです。
  • MAMPをドロップボックスの下に置いて起動することができませんでした。アプリケーションフォルダに置かないとだめです。
  • 2GBまで無料です。

ステップ2:2台のMacにSugarSyncをインストールする

同期させる

使い方は、やってみれば分かると思います。下の画面のようなところが出てくるので、お互いのMacから同期します。

その他

  • 両方のMacから同時にMAMPを起動できませんでした。dbフォルダにib_logfileが生成されたりしてるのと、DBの内部ファイルが書き換わるのを同時にできないのだと思います。同期のスピードが遅すぎるからなのかも
  • 単にPHPファイルをいじるだけで、DBを同期させないのであれば同時編集できます。
  • 同期には少し時間がかかるので、片方での作業が終わってから全てのファイルが同期されるまで少し待たないと変なことになりそう。。
  • SugarSyncの方には、「分かりやすい使い方」ページを作ってもらいたいと思いました。

以上です。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MAMP+SugarSyncでローカルWordPress同期」への1件のフィードバック