ローカルでのメールの確認ができるMailCatcherをMacで使う

ローカルの環境でメールの送信を確認したいとき、

  • メールが送れない
  • 送られても困る
  • いちいちメーラーを開くのも面倒だ

ということがあると思います。そんなときには、VCCW + MailCatcherで送信メールを確認するための環境を構築 | Firegoby が便利!

  • 簡単なコマンドで起動することが可能。
  • ウェブサーバーも同時に起動し、送信したメールをブラウザで確認することができる。
  • メールはMailCatcherから先には送信されない。
  • ウェブソケットを使用しており送信したメールはリアルタイムで表示される。(リロードが不要)
  • APIを搭載しており、たとえばユニットテストなどで送信メールの内容の確認を自動化できる。

僕も使ってみたので、WordPressなどなどの設定を見てみたいと思います。

MailCatcher を利用するのに必要なこと

  1. MailCatcher 本体のインストール( gem install mailcatcher )
  2. WordPress のプラグイン Mailcatcher for WordPress を有効化
  3. wp-config.phpdefine(WP_MAILCATCHER, true); を記入

だけです。

これが終わったらターミナルから、mailcatcher と実行するだけです。

$ mailcatcher
Starting MailCatcher
==> smtp://127.0.0.1:1025
==> http://127.0.0.1:1080
*** MailCatcher runs as a daemon by default. Go to the web interface to quit.

ブラウザで http://127.0.0.1:1080 へアクセスするとブラウザがメーラーになってて、WordPressが送信するメールを全部受信できます。宛先が誰であっても全部ここに来ます。メールをキャッチ!

ほんと便利。
ほんと便利。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です