岡田斗司夫さんの評価経済の記事で思い出したこと。

Facebookでシェアされていたのですが、以下の記事が面白かったです。

「僕らは評価経済の高度成長期に入った」 週刊東洋経済インタビュー ノーカット版掲載!
http://blog.freeex.jp/archives/51322180.html

その中の一節。

評価通貨は個人通貨でまた別。個人が自分で無限に発行できる通貨。だが、その裏付けが必要。例えば1時間岡田円を1万円で発行したとする。それは僕の信用によって成り立つ。
 そういう個人で通貨を発行するのは、これまでできなかった。
 でもハイパー情報社会では、それら全てをクラウドのコンピューターがやってくれる。
 個人通貨は、昔でいう「ツケ」。ツケが利く人は、評価資本を持っている人。ツケでモノを買うと、僕のツケを誰かが別のところで使える。つまり、ツケが流通する。

思い出したのが、以前、日本でしか買えないものを外国の人達に売る、というサイトを作ったことがあったこと。
そこで起こっていたのが以下。

  1. 英国在住の中国語話者に、日本の下駄が200ドルとかで売れる(他にはキティちゃんグッズとかが売れてました)。
  2. PayPalに200ドルとかが貯まっていく。
  3. そのお金を引き出したことはないし、ずっとドルのままになってた。
  4. そのお金で、macのアプリを買ったり、別のウェブサービスの有料プランに登録したりした。

僕が稼いだお金は、一度も紙幣や硬貨にはならず、また、日本円にすらならずに別のサービスに変わった。

感覚としてそれはお金ではなかったわけです。書きなおすと、

  1. 「ウェブサイトを作り、英語で日本の下駄を紹介し、注文があったら買い、郵便局へ行って書類を書いて、お客さんに送る」という僕のサービスによってお客さんに提供した価値が、
  2. いったんPayPal上のドルの数字に置き換わり、
  3. 見慣れたお金になることなく、
  4. 僕にとっての別の価値(アプリやサービス)に置き換わった。

上の記事で言われている「評価通貨」「個人通貨」とまでは言えないけど、「あー、なんかお金じゃないみたいで不思議。」と感じたのでした。

というか、お金ってそもそも、価値を抽象化して何にでも交換可能にするためのものだから、まあ当たり前なんだろうけど、ギャランティーとか生活費とか利息とか保険金とか、そういうお金の色んな側面を見ているうちに、よく解んなくなっちゃってただけなのかも。

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

The Hit Listとドロップボックスを使って、複数のMacでToDoリストを共有する

The Hit ListというGTDソフト

GTDという言葉を最近知ったのですが、GetThingsDoneの略なんですね。
参照:Getting Things Done @ wikipedia

たくさんのGTDソフトの中で、
僕が、このThe Hit Listというのが好きなのは、

  • Macの他のソフトの画面と似てるのですぐ使える
  • タスクをフォルダ分けできる
  • タスクの中に子タスクが入れられる
  • 〆切を設定すると、「締め切り過ぎてる」「今日中」「3日以内」とかって出る。あと、今日終わらせた作業とかも出る
  • タスクの中に、メモが付けられる。→これから各ブログ記事リストとか作ると、メモ付けたいですよね。
  • キーボードショートカットが豊富
  • 複数のマックで共有できる。後でやり方書いてます。
  • 無料。(今betaですが、そのうち有料になるらしい)

という特徴があるからです。

iPhone版は開発中とのこと。

見た目


左側のところ、フォルダ管理されてる様子が見えます。メインの画面ではタスクの中に子タスクがある様子が分かります。


command+2を押すとこの画面。個別タスクに加えられるメモ。結構集中して書けます。

入手先

ダウンロードはこちらから。
http://www.potionfactory.com/thehitlist/

ドロップボックスを使って複数Mac間で同期する

The Hit Listに追加したデータは、
ユーザー/ライブラリ/Application Support/The Hit Listフォルダの中に保存されています。
TheHitList.thllibraryというファイル名です。

これを、Drop Box内に配置してThe Hit Listを起動すると、

ファイルがないのでどこにあるのか教えて

という画面が出るので、指定します。

もう一台のMacにもThe Hit Listをインストールして起動。
またファイルの場所を聞かれるので、同期されたドロップボックス内の同じファイルを指定する。

これで、自宅にいても外にいても同じタスクリストが見られます。

ぜひともお試しを!!

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

The Hit Listとドロップボックスを使って、複数のMacでToDoリストを共有する

The Hit ListというGTDソフト

GTDという言葉を最近知ったのですが、GetThingsDoneの略なんですね。
参照:Getting Things Done @ wikipedia

たくさんのGTDソフトの中で、
僕が、このThe Hit Listというのが好きなのは、

  • Macの他のソフトの画面と似てるのですぐ使える
  • タスクをフォルダ分けできる
  • タスクの中に子タスクが入れられる
  • 〆切を設定すると、「締め切り過ぎてる」「今日中」「3日以内」とかって出る。あと、今日終わらせた作業とかも出る
  • タスクの中に、メモが付けられる。→これから各ブログ記事リストとか作ると、メモ付けたいですよね。
  • キーボードショートカットが豊富
  • 複数のマックで共有できる。後でやり方書いてます。
  • 無料。(今betaですが、そのうち有料になるらしい)

という特徴があるからです。

iPhone版は開発中とのこと。

見た目


左側のところ、フォルダ管理されてる様子が見えます。メインの画面ではタスクの中に子タスクがある様子が分かります。


command+2を押すとこの画面。個別タスクに加えられるメモ。結構集中して書けます。

入手先

ダウンロードはこちらから。
http://www.potionfactory.com/thehitlist/

ドロップボックスを使って複数Mac間で同期する

The Hit Listに追加したデータは、
ユーザー/ライブラリ/Application Support/The Hit Listフォルダの中に保存されています。
TheHitList.thllibraryというファイル名です。

これを、Drop Box内に配置してThe Hit Listを起動すると、

ファイルがないのでどこにあるのか教えて

という画面が出るので、指定します。

もう一台のMacにもThe Hit Listをインストールして起動。
またファイルの場所を聞かれるので、同期されたドロップボックス内の同じファイルを指定する。

これで、自宅にいても外にいても同じタスクリストが見られます。

ぜひともお試しを!!

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

レベニューシェアという仕事の仕方

レベニューシェアの時代が来る!?

2010年6月17日に銀座のアップルストアで行われたcss nite、この日のテーマは「レベニューシェア」。登壇者は頭ん中の増永 玲さん(@msng、イケメン、元高校教師)。

css niteには初参加でしたが、#cssniteginza48を見ると、今回は普段のWEB技術系と比べて大盛り上がりの大好評。講演後の質疑応答もいつもより活発だったよう。

ウェブ制作者は、気になっているトピックだということですね。5年後、10年後のインターネットの技術で仕事をしていくということの変化が無意識に共有されているように感じました。

というわけで、レベニューシェアについて考えたことを少し。
続きを読む レベニューシェアという仕事の仕方

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓