MENU

子どもについて On Children, Kahlil Gibran

2011 2/28

Marianna, Kahlil's Sister. Painting by Kahlil Gibran

a

a

On Children ~ Kahlil Gibran

Your children are not your children.
They are the sons and daughters of Life’s longing for itself.
They come through you but not from you,
And though they are with you yet they belong not to you.

You may give them your love but not your thoughts,
For they have their own thoughts.
You may house their bodies but not their souls,
For their souls dwell in the house of tomorrow,
which you cannot visit, not even in your dreams.
You may strive to be like them,
but seek not to make them like you.
For life goes not backward nor tarries with yesterday.

You are the bows from which your children
as living arrows are sent forth.
The archer sees the mark upon the path of the infinite,
and He bends you with His might
that His arrows may go swift and far.
Let your bending in the archer’s hand be for gladness;
For even as He loves the arrow that flies,
so He loves also the bow that is stable.

翻訳

以下は、小島慶子さんが朗読されていた星野道夫さんによる翻訳。
最後の一節の訳は読まれていませんでした。

あなたの子どもはあなたの子どもではない。
彼らは人生そのものの息子であり、娘である。

彼らはあなたを通じて来るが、
あなたから来るものではない。

彼らはあなたとともにいるが、
あなたには屈しない。

あなたは彼らに愛情を与えていいが、
あなたの考えを与えてはいけない。
なぜならば、彼らは彼ら自身の考えを持っているからだ。

あなたは彼らの体を家にいれてもいいが、
彼らの心をあなたの家に入れてはいけない。

なぜならば、彼らの心は
あなたが夢の中で訪ねて見ることもできない
明日の家に住んでいるからだ。

あなたは彼らののようになろうとしてもいいが、
彼らをあなたのようにしてはいけない。

なぜなら、人生は後戻りしなければ、
昨日とともにためらいもしないからだ。

カリール・ジブラン(ハリール・ジブラーン)
星野道夫・訳

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

著者について

コメント

コメントする

目次
閉じる