最初にやる git, gitignore, wordmove, gulpfile 関係のメモ

ローカル/リモートの環境を作成する際に最初にやることのメモ。あとでスクリプトにまとまるかもしれない。

WordPress 用のgitignore

WordPress で無視したいもののリスト。

  • .htaccess や MacOSが作る不可視ファイル
  • ログ
  • WordMove や wp-cli の定義ファイル
  • サイトマップ
  • バックアップ関連
  • sql のダンプファイル
  • wp-config.php
  • WordPress からアップロードされる画像などのメディア

は git 管理から外す。いつも忘れてしまうので、毎回これを使う。

WordMove の Movefile

こちらも忘れると危なっかしいもの。

リモートでは、 git レポジトリを公開領域とは別の場所に作る

git init --separate-git-dir ..

公開ディレクトリに .git ディレクトリがいるといけないので、別の場所に作る。たとえば、ひとつ上のディレクトリ( .. )とかホーム( ~/git-projectname )とかを指定する。

gulpfile.js

themes/theme-name/gulpfile.js として設置。

  • sass ディレクトリ内から css ディレクトリ内にコンパイル
  • sourcemap を sass ディレクトリに配置
  • sass/*.scss, js/*.js, テーマ内のすべての php ファイルの行進をウォッチしてリロード
  • 使っているもの
    • gulp, gulp-sass, gulp-autoprefixer, browser-sync, gulp-plumber

gulpの件、browser-sync をWordPressでというところ、sの人さんにヒントもらいました。

今できてないのが、http://localhost:3000 じゃないアドレスでできないの?というところです。知っている方いらしたら、コメントか @shinichiN までお願いします。

memo: http://stackoverflow.com/questions/27755206/using-the-original-url-not-proxy-with-browser-sync

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です