WP REST API ドキュメント Discovery

Discovery | WP REST API v2 Documentation の翻訳です。

Discovery 発見/探索

未知のサイトにアクセスする際、そのサイトでは何が可能でどのように設定されているのかを知る必要があります。何を知りたいのかによりますが、幾つかのステップで探索することができます。

続きを読む WP REST API ドキュメント Discovery

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

WP REST API のドキュメントの認証ページの翻訳

前回の用語集の翻訳に続きまして、認証のページも翻訳してみました。以下翻訳。

認証

このAPIにおいては、認証には2つの選択肢があり、基本的に以下のように選びましょう。

  • そのサイトで有効化されたテーマやプラグインから利用する -> クッキー認証
  • デスクトップアプリ、ウェブアプリ、モバイルアプリなどのサイトの外からアクセスするクライアントとして API を利用する -> OAuth 認証

続きを読む WP REST API のドキュメントの認証ページの翻訳

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

WP REST API のドキュメント内の用語集を簡単に翻訳する

Glossary | WP REST API v2 Documentation は WordPress JSON REST API の用語集となっておりまして、ここを翻訳してみたいと思います。

時期が来たら日本語のコデックスに移動したらいいかな?と思うけど日本語の使い方が難しいので困っちゃうな。ちゃんとやろうとするとすごく時間がかかってしまうので。。。

以下、翻訳です。

続きを読む WP REST API のドキュメント内の用語集を簡単に翻訳する

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

最初にやる git, gitignore, wordmove, gulpfile 関係のメモ

ローカル/リモートの環境を作成する際に最初にやることのメモ。あとでスクリプトにまとまるかもしれない。

WordPress 用のgitignore

WordPress で無視したいもののリスト。

  • .htaccess や MacOSが作る不可視ファイル
  • ログ
  • WordMove や wp-cli の定義ファイル
  • サイトマップ
  • バックアップ関連
  • sql のダンプファイル
  • wp-config.php
  • WordPress からアップロードされる画像などのメディア

は git 管理から外す。いつも忘れてしまうので、毎回これを使う。

WordMove の Movefile

こちらも忘れると危なっかしいもの。

リモートでは、 git レポジトリを公開領域とは別の場所に作る

git init --separate-git-dir ..

公開ディレクトリに .git ディレクトリがいるといけないので、別の場所に作る。たとえば、ひとつ上のディレクトリ( .. )とかホーム( ~/git-projectname )とかを指定する。

gulpfile.js

themes/theme-name/gulpfile.js として設置。

  • sass ディレクトリ内から css ディレクトリ内にコンパイル
  • sourcemap を sass ディレクトリに配置
  • sass/*.scss, js/*.js, テーマ内のすべての php ファイルの行進をウォッチしてリロード
  • 使っているもの
    • gulp, gulp-sass, gulp-autoprefixer, browser-sync, gulp-plumber

gulpの件、browser-sync をWordPressでというところ、sの人さんにヒントもらいました。

今できてないのが、http://localhost:3000 じゃないアドレスでできないの?というところです。知っている方いらしたら、コメントか @shinichiN までお願いします。

memo: http://stackoverflow.com/questions/27755206/using-the-original-url-not-proxy-with-browser-sync

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓

パンくずプラグイン、Breadcrumb NavXT のトップページの表記をフィルターで変える

Breadcrumb NavXT のトップページの表記は、管理画面から変更できますが、テスト環境でサイトを設定していると、本番に反映する際に、管理画面にいかないといけないのが面倒です。そこで、フィルターフックを利用して、管理画面での設定にかかわらずに変更するようにフィルタリングをする方法を探したところ、シンプルな方法が見当たらなかったので、シェア。

// Breacrumb navXT のトップページの表記を書き換える
add_filter( 'bcn_breadcrumb_title', 'nskw_bcn_breadcrumb_title_filter', 10, 2 );
function nskw_bcn_breadcrumb_title_filter( $title, $type=null ) {

	if ( 'home' === $type[0] ) {
		$title = 'HOME';
	}

	return $title;

}

↓ プラグインを作る方々への本、書きました。 ↓